「インベスターZ」の人生に役立つ名言集【1巻~2巻】

こんにちは。たび男(@tabio1122)です。

『クロカン』や『ドラゴン桜』で有名な三田紀房さんが描いた『インベスターZ』を友達に勧められて読んでみましたが、学校では決して教えてくれないようや人生に役立つようなことがたくさん書かれており、色んな人に読んでほしいと思える非常に素敵な作品です。

会社員、主婦の方にももちろん読んでいただきたいと思いますが、特に就職活動中の学生や転職活動で悩んでいるビジネスマンには特にオススメできます。
僕自身、就職活動中に読んでいたら新卒で入社する会社はきっと違っていたと思います。

もう何度も読み返している僕がこの漫画で出てきた名言集をまとめてみました。
(ネタバレしてしまう箇所も少々ありますのでご注意ください。)

的外れなところで頑張ることに価値なんてない! 1巻

投資部主将の神代圭介のこの強烈な言葉。

自分自身が野球部だったこともあり、かなり心にグサッときました。
この衝撃は漫画を読み始めてたった5分足らずで訪れました。

神代「一流になれないもの目指してどうすんの そんなの無駄な努力だよ」

財前「一流になれなくても一生懸命頑張ることに価値があるんじゃないですか!」

時間を忘れるほど熱中できることがあることは大切だとは思いますが、時には客観的に見て自分が熱中していることが、生業にしていくのかそれとも趣味程度に留めて置くことが良いのかは見極めることが大切です。

もし、”一生懸命頑張ること”が目的になっているのであれば即刻それは止めるべきです。

安く買って 高く売る これしかない。 1巻

同じく投資部主将、神代圭介の言葉。

物事を知れば知るほど複雑に考えがちですが、シンプルに考えましょうってことです。

自分の上に法則を置け 法則こそが神! 2巻

この企業を応援したいといった感情は利益を残していく上で邪魔者でしかないため、自分の法則を作りそれに従って売買をすることが投資の世界で成功を収めていく上で大切だということを言っています。
自分の力を過信しすぎないことも大事ですね。

真の投資家は投資について議論はしない 2巻

世間一般的には議論して決めていくことをよしとしている風潮がありますが、議論を進めていくと個人の拘りを生み出してしまうとしている。

その拘りを自分の武器だと勘違いし、結果的に致命傷となりかねないと書いています。

先にもあったように、株はルールでやれということを繰り返し言っている場面です。

つまらない映画を途中で止めて出てくるヤツかどうか 2巻

このエピソードは個人的に2巻で一番好きですし、全体を通しても普段の生活から常に意識していきたいと思った話です。

大抵の人は面白くない映画を観ていても席を立つことはない。
映画に限らず、くだらない飲み会など時間の無駄だと思えることも、惰性だったりお金を払ったからという理由で最後までダラダラと時間を潰してしまう。

時間は有限なので大切に使わないといけないですね。

損切りは決して失敗ではない むしろ次の成功のためのチャンスと思え 2巻

もうこれはそのまんま。

株に限らず物事には出口戦略が絶対必要 2巻

漫画中では、株は買うことより売ることのほうが重要だと説いていますが、これは実生活にもまさに当てはまります。

例えば、『TOEICで◯◯点取る』とか『◯◯検定を取得する』と言って勉強してもその後にどう繋げるかが明確になっていない場合は“無駄な努力”になりかねないということ。
この言葉は肝に命じておきたいですね。

投資に1番大切なことは未来を予測する力 2巻

未来を予測する力。

これだけだと漠然としていますが、神代圭介の次の言葉がより分かりやすく説明されています。
「社会の人々を幸福にするために将来どういう問題を解決すれば良いか」

過去から学ぶことも大切だけどこれから起こることを予測する力が必要ですね。

金を掘ったヤツに金持ちはいない! 2巻

最近でいうと仮想通貨が昔の『金』に当てはまるのではないでしょうか。

仮想通貨ブームで一番儲けていたのは恐らく取引所を運営していた人たちです。
Coincheckやbitflyerはユーザー数も多かったので手数料だけで桁違いの利益が出ていたと思われます。

インベスターZには実生活に役立つ名言がたくさんあります。
そのすべてを分かりやすく伝えるために巻毎に数回に分けて書いていきます。

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • ねこ より:

    ●「熱中している事が生業にしていくか、それとも趣味程度に留めておく事が良いのかは見極める事が大切です」・・・
    斎藤ひとりさんはね、中学卒業の時にお母さんから言われた言葉が、、、「ぼくちゃんは特技がないでしょ〜幸せなんだよ〜特技があるとね、それを生かそうとして、世間が狭くなっちゃうんだよ〜。
    ぼくちゃんは、特技がないから何でも出来るんだよ〜だから時代に合った好きな事していけば良いんだよ〜」って社会に送り出してくれたそうです。

    ●ルールなんてない!
    「シンプル イズ ベスト」ですかね。
    この考えは色んな事に通じる気がします。

    ●自分の法則か・・・難しいなぁ。

    ●つまらない映画を途中で止めて・・・

    確かに時間もお金も有限です。歳を重ねるごとにますます実感しますね。
    私は若い頃から「合コン」という飲み会が理解できませんでした。知らない人と飲んで楽しいか?そこまでして出逢いを求めるのか・・・
    って、だから私は駄目なのかしら!?(笑)

    ●出口戦略〜
    目的、目標のない努力は意味ないですね。
    私はそんな経験いっぱいしちゃいました。

    ●未来を予想する力〜そして行動〜
    うっ、うっ、うっ〜
    これが出来たら凄い人になれますね!

    ●仮想通過!?
    この辺はチンプンカンプンでした(笑)

    • たび男 より:

      ねこさん、コメントありがとうございます。

      斎藤ひとりさんにはそのようなエピソードがあったんですね!
      物事は捉え方ひとつでぜんぜん違うと思いました。

      出口戦略は大事だと思います。
      努力することに満足しても意味ないですね。

      ホリエモンは経験量、思考量が桁違いに多いから未来が見えると言えるんだと思います。
      すごいなーで片付けちゃうのは良くないけどすごいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です