「インベスターZ」の人生に役立つ名言集【3巻~4巻】

こんにちは。たび男(@tabio1122)です。

『クロカン』や『ドラゴン桜』で有名な三田紀房さんが描いた『インベスターZ』を友達に勧められて読んでみましたが、学校では決して教えてくれないようや人生に役立つようなことがたくさん書かれており、色んな人に読んでほしいと思える非常に素敵な作品です。

会社員、主婦の方にももちろん読んでいただきたいと思いますが、特に就職活動中の学生や転職活動で悩んでいるビジネスマンには特にオススメできます。
僕自身、就職活動中に読んでいたら新卒で入社する会社はきっと違っていたと思います。

もう何度も読み返している僕がこの漫画で出てきた名言集をまとめてみました。
(ネタバレしてしまう箇所も少々ありますのでご注意ください。)

企業が起こす革命には二つの種類がある それは動と静だ 3巻

投資部中学3年の安ケ平慎也の言葉で、
これは投資する上で大切な言葉なのでピックアップしました。

世の中を賑わす商品・企業に我々は目を奪われがちですが、世の中に静かに浸透していく商品・企業にこそ価値が潜んでいるというふうに解釈しました。

自立した個人として生きる 自分を大切にしたいなら投資をしなさい 3巻

藤田金七の孫であり藤田家現当主である藤田繁富の言葉。

戦中、および戦後は国の方針で貯金をすることが奨励されており、
そういう考えが刷り込まれた今の年配者は国に判断を委ねた生活を送っています。

しかし、これからは国に頼らず自分たちの力で生きていくという意志が大切だと言っています。

人の人生にたいした価値などない! 4巻

藤田繁富のとても強烈な言葉。

自分の人生に高い価値があると思っているから道を誤る。
認められないと嘆き、まわりに責任をなすりつける。

と言っています。

そして、藤田繁富の次の名言に繋がります。

人というのは皆…なにかに縋って生きてゆくものなのだ 4巻

前の言葉の続き。

子どもは親に縋り、
親は職場に縋り、
会社は顧客に縋る。

このように人はなにかに縋って生きていく限り、
真の自由を手にすることはできない。

しかし、自分は生まれながらに自由であり、自分の人生は価値が高いと履き違えて捉えている人が多いという戒めの言葉だと思います。

本当の自由はお金でしか手に入れられないのよ 4巻

ストレートでとても気持ち良い藤田美雪の言葉。
とても中学1年生の発言とは思えません。。笑

お金持ちの家庭に生まれた美雪は当然何不自由なく暮らしていますが、それは同時に支配されているということだと言います。

お金以上に人を支配できるものはなく、本当の自由を手に入れるためにはそのお金を自分自身で手に入れる必要があると言っています。

本当にこれは真理だと思います。

株買ってみれば? 4巻

就活中の姉に対して、町田倫子が言った言葉。

株をやると必然的に企業研究を行います。

特に、売上高とか利益率とかの数字の部分やライバル企業についても調べますからね。
株式投資のために調べたことを面接で言えば、他の学生と確実に差別化を図れます。

その時点で大きく有利に立てますよね。

僕が就活中にこの言葉を美雪から言われていたら、その後の選択が大きく変わっていたと思います苦笑

さぁこの発言を受けた姉は今後どのように変わっていくのでしょうか!?

インベスターZには実生活に役立つ名言がたくさんあります。
そのすべてを分かりやすく伝えるために巻毎に数回に分けて書いていきます。